クレンジング料は洗い流せるタイプを

クレンジング料で肌を刺激していませんか?

シートタイプやティッシュペーパーなどで拭き取るタイプのクレンジング料は、摩擦による肌への刺激が気になります。

そこで、毎日使うクレンジング料には洗い流せるタイプがおすすめです。

なかでも、ぬるま湯でさっと落ちるものが肌への負担が少なく安心。

熱いお湯でないと落ちないものや、落としたあと肌にベタつきが残るタイプは、皮脂を取りすぎたり、残った油分が肌を刺激する可能性があります。

ぬるま湯でさっと落ちるものならミルク、オイル、クリームなど剤型はどんなものでもよく、好みのものを選びましょう。

クレンジング料は安いものでもよいの?

保湿やアンチエイジングのための化粧品ではなく、メイクを落とすものだから、あまりお金をかけたくない」と、クレンジング料はできるだけ安いものを選んでいませんか?

しかし、実際にはクレンジング料による肌あれ(肌の不調)は多くの人が経験しています。

「汚れが落ちればよい」のではなく「肌を守りながら汚れを落とす」ことが、肌を老化させないためにも大事。

そこでクレンジング料は価格だけで決めず、試供品で確かめるなど質を見極めたうえで、多少価格帯が高くなっても、肌にとってよいものを選びましょう。

クレンジングにかける時間は1分

クレンジングにどのくらい時間をかけていますか?

日常使いにおすすめの洗い流すタイプのクレンジング料は、肌にのせてから1分以内に洗い流しましょう。

1分あれば、メイクはクレンジング料と混ざって乳化され、落とすことができます。

クレンジング料は、化粧品の油分を落とすことを目的につくられていますが、必要以上に肌に長い時間のせておくと皮脂や角質細胞間脂質まで落としてしまうので注意が必要です。

「1分ではアイメイクが落ちない」という場合は、顔全体をクレンジンクする前に、アイメイクを落としておきましょう。

クレンジングの方法を再確認!

顔は濡らさず、乾いている状態でクレンジングをスター卜します。

しっかりアイメイクをした日は、アイメイクから落としましょう。

続けて、顔全体をクレンジング。

クリームや乳液、オイルタイプのクレンジング料の場合は、肌をこすらないようにやさしく顔になじませます。

あとはぬるま湯で洗い流して終了です。